別表3

総合補償の給付金手続について





<傷害事故>


@  会員は「傷害事故」が発生したときは、すみやかに学校へ届けます。

A  「傷害事故」を受付けた学校は「事故報告書兼現認書」と「請求書類」一式を会員に手渡します。

B  会員は「事故報告書兼現認書」に記入後学校へ提出し、学校は内容を確認の上、学校長印(PTA行事中の事故はPTA会長印)を押印し会員へ交付する。

C  会員は完治後「事故報告書兼現認書」と必要事項を記入した「請求書類」をあわせて専用封筒で保健会社へ送付します。

D  保険会社は県高P連事務局へ事故受付後「事故報告書兼現認書」の写しを郵送します。

E  保険会社は請求書類の不備および請求内容等を確認の上、会員の指定口座へ給付金を振り込みます。

F  保険会社は給付金の支払通知書を給付金請求者および給付金の受取人に送付します。
(請求者および受取人が同一の場合は請求者のみの送付とさせていただきます。)

  ※請求書類の請求先 熊本サービスセンター(096-326-9020)(2013.9.1より変更)

<賠償事故>


G  会員に「賠償事故」が発生したときは、すみやかに学校へ届出、学校は事実関係を確認し事故報告書を作成します。

H  学校は事故報告書に学校長印もしくはPTA会長印の捺印をもらった上で、保険会社の専用FAX(フリーダイヤル)0120-237-119(事故報告専用)へ送信します。

I  保険会社は県高P連事務局へ、事故受付後「事故報告書兼現認書」の写しをすみやかに郵送します。

J  「賠償事故」を受付した保険会社は給付金の請求書類一式を加入者(会員)宛、直送します。
但し、学校の施設・設備の賠償事故に限り、請求書類一式を学校へ送付します。

K  「賠償事故」は、請求書類に必要事項をすべて記入の上、保険会社へ送付します。

L  保険会社は、請求書類の不備および請求内容等を確認の上、会員の指定の口座に、給付金を振込ます。

M  保険会社は給付金の支払通知書を給付金請求者および給付金の受取人に送付します。
(請求者および受取人が同一の場合は請求者のみの送付とさせていただきます。)


事故報告書様式
傷害事故・賠償事故用書類様式記載例
学校の施設・設備の賠償事故用書類様式記載例